DVDデュプリケーターやUSBセキュリティ利用~情報漏洩を防ぐ~

感染を防ぐ

パソコンは非常に繊細です。いつウィルス感染し、故障してしまうかは人間には予想が不可能です。感染ルートも様々で、セキュリティUSBは感染ルートとなりやすいといわれています。セキュリティUSBを安全に使用するためにも、注意をしなければならないことは沢山あります。まず、ソフトウェアによる制限機能を設けると良いです。メモリを取り付けても認識させないなどの工夫をすることによって、外部からの影響を防ぐことができます。セキュリティUSBそのものの働きも失われないため、推奨されています。また、紛失にも注意が必要です。紛失したものを第三者が発見し、悪用されてしまうというケースは多いです。忘れにくく、他人から見つかりづらい場所にしまっておくと良いです。

セキュリティUSBには、沢山の種類のセキュリティ機能があります。特に、多くの人の個人情報などの大切なデータを取り扱っている仕事をしている場合は、セキュリティ機能の強いUSBを選ぶと良いです。今ではあらゆるUSBが登場しています。機能は日々進化しており、どの企業もセキュリティの強化へ取り組んでいます。照合にも様々なものがあり、最近では指紋照合などがあります。指紋の登録も指1本で簡単に行うことができます。セキュリティUSBを利用する際は、ウィルス対策ソフトも同時に導入しておくと良いです。パソコンに悪影響のあるソフトをダウンロードしてしまってからでは遅いです。USBに入れてからでもスキャンをしっかりと行うために、ソフトを導入する必要があります。