DVDデュプリケーターやUSBセキュリティ利用~情報漏洩を防ぐ~

情報漏洩防止

セキュリティUSBとは何のことかわかりますか。普段からPCを使っている人でも、聞いたことが無い方は案外いるかと思います。まず、USBはUSBメモリの略です。昔からPCを使ってきた方には違和感のある略語ですが、このような略され方をするのはそれだけ一般に浸透したことの証拠でもあります。USBが接続端子の事では無くメモリを意味しているとわかった時点で、セキュリティUSBが何なのか大体想像が付く事でしょう。これは企業向けの製品で、USBメモリにウイルスチェックや暗号化機能を搭載したものになります。USBメモリが普及したことにより、データの持ち運びは以前より格段に楽になりましたが、同時にセキュリティの面での問題も多くなりました。その多くの問題に対応するためのセキュリティUSBは、企業においては今後必要不可欠なものになるでしょう。

セキュリティUSBはハードウェアにセキュリティ機能を搭載したために、通常のUSBメモリよりも遥かに高価になります。それと同時にウイルスチェック機能はアップデートが必要な機能なため、使用期間に応じたライセンス料も払う必要性が生じます。しかしこれらの点を踏まえても、企業にはセキュリティUSBを使用するメリットの方が大きいと言えるでしょう。USBメモリは取り扱い易い分、情報を守る観点から考えた場合には大きな不安要素を抱えています。CDなどと比べて遥かに小さくなったUSBメモリは、紛失や盗難の可能性も非常に高くなったと言うことが出来、企業にとっては対策を打たない訳には行きません。セキュリティUSBの暗号化機能は、このような万が一の場合でも情報の漏洩を防ぐ機能なのです。