DVDデュプリケーターやUSBセキュリティ利用~情報漏洩を防ぐ~

多くで使用されている

2000年ごろから市場に出始めていますが、今でこそ1GBや4GBなどの大容量のUSBメモリが販売されていますが、当時は32MBで5000円が相場であり、最大容量のUSBメモリでも256MBでした。windows98などでは別にUSBドライバーを準備する必要があったり、通信速度が遅かったりなどで決して便利の良いものではなかったようです。ちょうど時代はフロッピーディスクからMOやCD-Rがデータの持ち運びに利用され始める頃でした。USBメモリはパソコンの普及とパソコンにUSBドライバの標準装備がなされるが重なって、爆発的な需要をもたらしました。セキュリティに関しても、重要なデータの持ち運びを行う観点から、USBメモリには欠かさず大切な課題となってきました。当時のセキュリティの意識としては、持ち運ぶのだから、紛失しないという考えが主流です。パスワード保護などのデジタルなセキュリティの発達は意外にも遅かったのです。現在は購入した際にあらかじめパスワード保護を行えるセキュリティソフトがUSBメモリの中にあらかじめ保存されていることが多いです。

USBメモリも大容量かつ安価になってきました。ついには1TBの世界にも足を運ぼうとしています。ますますの大容量化と値下がりが起こるでしょう。しかし、それにつれてパソコンのソフトなどの、コンテンツも大容量化するので、結局は容量的なゆとりはあまり望めないと予測されます。セキュリティに関しても、あらゆるプログラムを張り巡らせることよりもUSBメモリそのものを紛失しないに越したことはありません。人々の意識も引き続き高く維持されることでしょう。総合的に判断すると、USBメモリとセキュリティの関係は今後も大きな変化はないでしょう。ただ、大衆化は進みます。以前は専門店にしかなかったUSBメモリーも今ではコンビニで安価で手に入れることができます。人々を取り巻く情報化社会はUSBメモリとセキュリティを強く結びつけているのです。